才能を伸ばすために早く始める

0歳から始める習い事と選び方

>

親子のコミュニケーション

コミュニケーションを取る時間を確保

赤ちゃん用のマッサージがあります。
やり方を勉強できるのが、ベビーマッサージです。
マッサージをすることで赤ちゃんが気持ちよくなれますし、親子のコミュニケーションを取る時間にできます。
親が仕事で忙しいと、赤ちゃんと関わる時間がなくなります。
それでは赤ちゃんは寂しくなりますし、親に対して不信感を抱いてしまいます。

時間がないことを、言い訳にしないでください。
自分で、コミュニケーションを取る時間を作らなければいけません。
ベビーマッサージ教室に通うと決めたら、毎週決まった時間にコミュニケーションを取れます。
また教室でマッサージ方法を聞いて、自宅でも実践してください。
すると、これまでより信頼関係が深くなります。

力加減に注意しよう

マッサージをする時は、力加減に気をつけてください。
0歳の赤ちゃんの身体は非常に柔らかく、デリケートです。
大人にマッサージするような感覚では、赤ちゃんが痛がってしまいます。
優しくマッサージをしなければいけません。
集中し過ぎると、力が入ります。
赤ちゃんに話しかけながらマッサージをすれば、優しい力を維持できるでしょう。

また、ベビーマッサージ教室に行くと同世代の赤ちゃんを持つ親と知り合いになれます。
近所に仲間がいないと、1人で子育てをするので不安になりますよね。
仲間がいれば、何かあった時に相談できます。
知り合いを作る目的で、ベビーマッサージ教室に行く人も増えています。
赤ちゃん同士も、友人になれるでしょう。


このTOPICSをシェアする